妊活中の亜鉛の量

妊活中の亜鉛の量

1日当たりの亜鉛の量とは?
妊娠を希望するなら毎日の生活の中で亜鉛摂取量にも注意してみてくださいね!
亜鉛は女性ホルモンの分泌にも必要で生理を整えたり、卵子の成熟にも必要となり排卵に繋がったり、受精卵ができたら細胞を促がしたりします。
そのため、妊娠を希望する方は少し多めに摂取してみてください。

 

厚生労働省によると1日に必要な亜鉛は、女性なら8mg〜9mgくらいは必要だというデータを出しています。
過剰摂取とならないために、1日30mg程度が限度となります。
そして妊娠中の方はさらに量が必要となって、通常より2mgは多くしなければなりません!

 

妊娠は気が付いた時には既に妊娠2ヶ月であることも少なくないため、妊娠を希望する方は少し多めのほうが安心ですね♪
過剰摂取といっても、普通に食事から摂る分には30mg以上になることはないため注意しなくても大丈夫です。

 

そして平均の摂取量は7mg程度と少し足りていません。
亜鉛は女性ホルモンを整えたり、排卵を促がす、受精卵の細胞分裂と重要なミネラルです。
たった2mg程度が少ないだけと甘く考えない方が良いですよ!
亜鉛はもともと吸収率が少なく、十分摂取できていると感じる人でも足りないことがあるからです!