妊娠と年齢

妊娠と年齢

妊娠に一番いいピークっていつなの?
良い妊娠をするためには妊娠に適した年齢、ピークを知らなければなりませんね!
実は20代前半がピークで、後半くらいから徐々に衰えが見られてくるのです。
30代になってはじめて妊娠を考えている方はショックかもしれません。

 

年齢と妊娠率はとても重要で、20代前半で妊娠して出産を経験するのが一番良い選択です。
でもよく考えてみると、20代前半で始めて子どもを産んだ人でも、2番目は20代中旬、3番目は20代後半という方もいます。
なかには30代になってもちゃんと妊娠している人もいますよね!

 

もちろん20代前半で妊娠するのが一番いいわけですが、それだけが良い妊娠の要素ではありません。
何歳になっても卵子の質が低下していない人は、それだけ加齢には負けないといえます♪
最近は40代で初産という方も多くなっています。

 

20代後半、30代、40代と年齢と共に卵子の数は減ってしまうのですが、卵子1つずつの質を高める努力をすることで自然妊娠は可能となります。
そのために必要となるのが卵子の栄養素というわけですね!

 

卵子の質が良い方は見た目も若い方が多いようです。
体のサビが少ないためで、抗酸化作用の高い亜鉛やビタミン類を多く摂っているなど、栄養のバランスにも注意しているようですよ!